病気

病気

バラ No Comments

世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、有害な紫外線A波のデタラメな浴び過ぎは皮膚病をもたらす可能性が高いとして、19歳未満がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを使用する行動の禁止を強く世界中に提案しています。 Read More

車はどこに停めたら。

バラ No Comments

青森県は東京三井周辺のサポートと、・・・その最大は、賃貸一戸建が1000意見の大きな月極駐車場です。四国のアイコンをクリックすると、立体駐車場が人気になり、休日を楽しめる岐阜がたくさんありますね。
Read More

レントゲン

バラ No Comments

学校など集団行動に於いて、花粉症の為に他の皆と同じように外で元気に動くことができないのは、当事者にとっても悲しい事でしょう。
今時の病院の手術室には、便所や器械室、手術準備室(operating preparation room)を設置し、手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を設置するか、そうでなければ付近にレントゲン撮影の専門室を付属させるのが常識である。 Read More

キャッチコピー

バラ No Comments

植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)のジャンルに入るスルフォラファンというブロッコリーに含まれている揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓から分泌される解毒酵素の順調な製造活動を促進しているかもしれないという事実関係がわかってきたのです。
H17年以後新たにトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というようなキャッチコピーのプリントが義務化している。 Read More

使用可能

バラ No Comments

欧米諸国おいては、新しく開発された薬の特許が満了した約1ヶ月後には、市場の80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に取って代わるような医薬品もある位、ジェネリックは地球上で知られています。 Read More

自信

バラ No Comments

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気ではなくても症状が出現することがあるので重大な心臓の病気ではないといわれていますが、短い期間で発作が続けて起こる時は楽観視できないといえます。 Read More

物質

バラ No Comments

ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が無くなってしまった後に売られ、等しい成分で負担が小さくて済む(薬の代金が安価な)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、普通ならば人の身体をガンから護る役目をする物質を生成するための型のような遺伝子の不具合によりかかってしまうというのは周知の事実です。 Read More

原因

バラ No Comments

常識的には骨折は起こさない位の弱い力でも、骨の限られた部分に繰り返して継続的にかかってしまうことにより、骨折が生じることがあるので注意しなければいけません。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザの予防するための方法や医師による手当といった類の必ず行う対策自体は、それが季節性のインフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであっても同じです。
ちょっとした捻挫と勝手に決めつけ、湿布を貼って包帯やテーピングで動かないように固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置を施した後ただちに整形外科を受診することが、早く根治させる近道だといえます。 Read More

注射

バラ No Comments

BMI(体重指数を求める式はどの国でも等しく同じですが、BMI値の位置づけは国家単位で少しずつ違い、一般社団法人日本肥満学会ではBMI22を標準、25以上を肥満、BMI18.5未満は低体重と定義付けています。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、現在までの研究により、ワクチンの予防効果を望めるのは、注射した日のおよそ2週後から約150日間ほどということです。 Read More

ワクチン

バラ No Comments

既に永久歯の表面を覆っている骨を減らすまでに拡がってしまった歯周病は、おそらく進行具合そのものが安定したとしても、失ったエナメル質が元の量に構築されることはないと言われているのが現状です。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの研究の成果により、ワクチンの予防効果が見通せるのは、ワクチンを注射した日の14日後からおよそ150日程度だろうと考えられているようです。 Read More