脚気(かっけ)の症状としては、主に両手両足がマヒしたり下肢の著しい浮腫みなどが標準で、症状が進行すると、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全を発症する可能性があるとのことです。
ただの捻挫だろうと自己判断してしまい、湿布を貼って包帯やテーピングで動かないように患部を固定し、様子を窺うよりも、応急処置を済ませてからスピーディに整形外科で診察してもらうことが、早く根治させる近道となるでしょう。
陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学上では股部白癬と称されている、カビの一種である白癬菌が陰嚢(いんのう)や股部、臀部などの部分に何らかの理由でうつってしまい、定着した病気であり水虫です。
高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、臨床データに基づいた研究結果により、ワクチンの予防効果が望めるのはワクチン接種日の14日後くらいからおよそ150日ぐらいということです。
汗疱状湿疹(汗疱)は主に手のひらや足の裏、または指の隙間などにプツプツとした小さな水疱が現れる病気で、おおむね汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に現れると足水虫と間違うケースが結構あります。
自分では骨折しているのかどうか区別がつかない場合は、違和感のあるところの骨をそっと指で触ってみて、その部位に激しい痛みがあれば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
もし婦人科の血液検査で現実問題として卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値よりも少なく早発閉経(そうはつへいけい・POF)と判明した場合は、その女性ホルモンを足す治療等で改善できます。
日本における結核対策は、1951年に施行された「結核予防法」に沿って進められてきましたが、平成19年からその他の感染症と同じく「感染症予防法」という法律に準拠して行われる運びとなりました。
食事という行動は、次に食べたい物をなんとなく口に入れたら20回前後噛んで嚥下して終わりだが、その後人体は本当に健気に活動し異物を人体に取り込む努力をし続けているのだ。
耳鳴りには種類があり、当事者にしか聞こえないような「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように当事者に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンを使用すると感じられるという「他覚的耳鳴り」があるのです。
肝臓をいつまでも健やかに保持し続けるためには、肝臓の解毒する作用が低下しないようにする、分かりやすく言うと、肝臓の老化対策をおこなうことが効果的だと考えられます。
脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスの調節や痛みの鎮圧、あらゆる覚醒現象などを操作していて、大鬱病の患者さんはその機能が鈍いことが科学的に判明している。
流行性感冒、即ちインフルエンザの予防方法や処置といった類の基礎的な措置というものは、それが季節性のインフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザであっても一緒なのです。
「肝機能の悪化」については、血液検査項目のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)などの数値で判断することができますが、ここ数年間で肝臓の機能が低下している方々が徐々に増加傾向にあるとの報告がありました。
過飲過食、肥満、運動不足、不規則な生活、多忙によるストレス、老化など複数の原因が混ざり合うと、インスリン分泌が鈍くなったり、機能が悪くなったりして血糖値が高くなる2型糖尿病を発症すると考えられています。

Comments are closed.